長田 剛

TAKESHI OSADA

学校名

東京都市大学

所属

理工学部 自然科学科

専門分野

物理学(理論物理学、高エネルギー原子核理論)

1967年長野県生まれ。1998年東北大学大学院物理学専攻修了,博士(理学)取得。宇宙誕生後の10-100万分の1秒後に、クォーク・グルオンと呼ばれる基本的な素粒子だけで構成されている宇宙から、それらが閉じ込められた陽子や中性子で構成される宇宙への相転移があったと考えられています。現在、大型加速器で行われている、小さな宇宙を作り出す実験のデータから、その相転移の存在を示す証拠を探し出す研究を行っています。

【関連リンク】

先生図鑑ゼミに参加

〈 長田 剛 先生〉からのMISSION:
『 物理の教科書には様々な法則が説明されています。しかし、注意深く教科書を読んでみると、法則ではなく原理として紹介されているものもあります。法則と原理は一体何が違うのでしょうか。どんな原理があるのかを調べたり、法則と原理の違いは何なのか、考えてみて下さい。 』

  • 下記をクリックして
    LINEから参加希望をしてください。

  • *先生図鑑ゼミは、
    イベント参加希望者が10人集まった時点で
    先生と日程調整を行い、イベント開催日を決定します。
    MISSIONはイベント参加前に考えていただく事前課題です。

記事の内容は掲載時のものです。

Copyright © 2011 SHINLINE Co., Ltd. All Rights Reserved.