馬塲 杉夫

SUGIO BABA

学校名
専修大学
所属
経営学部 教授
専門分野
戦略経営、人的資源管理、組織イノベーション

慶應義塾大学商学部卒業、同大学商学研究科修士課程修了、同大学商学研究科博士課程単位取得退学、博士(商学)。19世紀末に生まれた新しい学問・経営学を志して研究者への道を歩み、現在は企業の現実と実際にこだわった研究に従事。中学校時代はグランドホッケー、高校・大学では自転車競技で、全国レベルで活躍。そのほかスキー、マラソン、釣りと多彩なスポーツに取り組むその姿勢は、ほとんどアスリート。

マナビコネタ

経営は、すなわちアートだ!

illustration / Chika Miyata

科学は「再現可能なもの」、芸術は「唯一無二のもの」。その意味で“経営現象”は100%芸術と言えます。なぜなら、同じチェーン店でも、品揃えや味付けは個々の状況によって異なり、まったく同じということがありえないから。その意味で、経営学はアーティスティックでクリエイティブな学問なんです。

研究室をのぞき見

趣味も経営学も究めまくり! な研究者生活

photo / Koki Matsunaga

1

学問のフロンティアを切り拓く!

研究成果をまとめた単著など著作は3冊、現在は4冊目を執筆中。経営学はまだ若い学問、その可能性に挑み続けている。
2

古いタイプライターから読み解く、経営学の理論

先生の母が使っていた年代物のこれ、キー配列が現在と同じ。効率いい配列が別にあっても普及しない実例として紹介。
3

趣味なの? 研究なの? 歴代の愛用スキー板

より短く、より幅広く。製造技術の進化の実例として授業で扱うことも。リアリティある学びに先生の趣味が生きている。
4

「世界一のゼミを目指す」。決意を込めた卒業論文集

重厚な製本が施された卒業論文集は、1期生から続くゼミの伝統。「世界一を目指す」のにふさわしいテーマがずらり!
5

アスリートではないんだけれど。マラソンのメダルの数々

毎日10キロ以上、授業や研究の合間にもランを欠かさない成果がこちら。フルマラソンはなんと3時間を切る速さ。
6

料理人ではないんだけれど。本格的な和包丁がずらり

趣味が高じすぎる先生、釣り好きは魚をさばくまでに。釣りに行けない日は市場で買って調理、その姿はもはや料理人。

ターニングポイント

素晴らしき「研究者」への道

illustration / Chika Miyata

「どんな領域でもいいから究めろ」とは大学2年で亡くした父の言葉。大学院へ進学し“自分が負けない道”を探し辿りついたのが研究者・大学教員の職(というかそれ以外の道もなかった)。現在研究・授業で忙しい時間の合間に趣味をする先生は、経営学以外に研究者生活を究めたとも言えそう。

学生ぶっちゃけトーク

シャワーのように知識を浴びせてくれる

「手短に」と言いつつ 話し終わったのは 1時間後だったことも

ゼミ合宿では朝、誰よりも早く起き朝食前に山中湖周辺を走っていた

飲み会では先生自ら学生一人ひとりに声をかけてくれます♡

「世界一のゼミを目指す!」。その真剣さから、付いた呼び名が“ガチゼミ”。入るには一発芸審査を含む複数回の面接が必要、ゼミ生は飛躍的な成長を遂げたと実感する。研究はもちろん趣味にも企業情報にも精通した先生は知識量No.1。相談すると何でも教えてくれるけどそのぶん話は長めとか。

記事の内容は掲載時のものです。

Copyright © 2011 SHINLINE Co., Ltd. All Rights Reserved.