桐川 敦子

ATSUKO KIRIKAWA

学校名
日本女子体育大学
所属
スポーツ健康学科 幼児発達学専攻 准教授
専門分野
保育学、幼児教育、保育者養成

私立幼稚園教諭としての実務経験25年ののち大学院へ進学し、児童学を専攻。2010年より講師を経て日本女子体育大学幼児発達学専攻准教授。保育士や幼稚園教諭といった保育者の養成をはじめ、子どもと一緒に遊ぶ方法を教えている。教え子の結婚式も多く、披露宴で着る服は悩みの種だが、最近は和服に凝っている。健康のため、週1で家族とのテニスは欠かさず、疲労を感じたらヘッドスパが癒やしのひととき。

マナビコネタ

未来のための根を育む「幼児教育」

illustration / Sae Takahashi

 保育士や幼稚園教諭は、子どもの成長に関わる、やりがいのある仕事です。保育の現場では、得点などの数字で計ることができない「非認知能力」を育むことが大切だと言われています。子ども一人ひとりの主体性を活かし、その力を信じること。幸せに生きていくための“根”を育むことが、幼児教育です。

研究室をのぞき見

現場で輝く保育者を育てます

photo / Motoki Sato

1

研究室のミシンでカタカタ! 学生手作りの「パペット」

子どもとのコミュニケーションに用いるパペットは学生の手作り。音が鳴ったり、着せ替えができたり、アイデア満載。
2

「タモリ倶楽部」にも出演 。子どもの遊びのプロ

保育現場の運動あそびを集めた本は、先生が監修。教えこむのではなく、子どもが自分で考え、展開できることが肝心。
3

週に1度は子どもと触れ合う実習授業

週に1度、大学附属の幼稚園で実際に子どもと触れ合う授業を持つ先生。理論と実践をつなぐ、学生には有意義な時間。
4

子どものかたわらで輝く “保育者”の写真展を開きたい

保育現場で働く先生たちの活躍を伝えるべく、ゼミ生がプロに撮影方法を教わり写す、保育者たちの写真展を開催予定!
5

ベスト・シッター賞で「オスカー像」ゲット?

実はコレ、ハリウッドに卒業旅行にいった学生の洒落の利いたお土産(レプリカ)。卒業生の約9割は保育現場で活躍中。
6

ゼミ生、年1回のお楽しみ! 超本格派の料理教室

3年生とはクリスマス会と忘年会を兼ねて年1回料理教室を開催。美味しい料理を作って、食べて、五感をトレーニング。

ターニングポイント

保育を再び学ぶために大学院へ

illustration / Sae Takahashi

20 年以上幼稚園に務めていた先生は、学びへの意欲が高まり、一念発起して大学院へ。児童学を専攻すると、現場経験があっても知らないことだらけで研究の必要性を痛感。現在は、現場と研究で得たもので保育者養成する一方、パペット片手に学生と現場へ出かけ、今も子どもから多くを学んでいる。

学生ぶっちゃけトーク

いつも品よく、時に天然!?

年齢を聞くと いつも「あなたのお母さんくらい」

マイペースでまわりを置いてきぼりにすることも

先生が読む『大きなかぶ』の「どっこいしょ!」が好き

恋バナの相談もできるほど、学生を優しく見守ってくれる先生はみんなのお母さん! きれいな言葉遣いで品の良さが漂うかと思えば、会話中「あ、そうだ」と突然別のことを始めちゃう天然っぽさも。絵本の読み聞かせの授業では、絵本の世界に入り演じる先生。ゼミ生はその姿を一度はマネするそう。

記事の内容は掲載時のものです。

Copyright © 2011 SHINLINE Co., Ltd. All Rights Reserved.