各先生ページの●●先生に会ってみたい!を押した高校生が10名集まったら「先生に会いにいく」ツアーを日程調整 → 開催予定のツアー

# AI研究最前線! # 羽生善治九段と対局 # 名前も中身もかっこいい

ライエル・グリムベルゲン

REIJER GRIMBERGEN

学校名
東京工科大学
所属
コンピュータサイエンス学部 教授
専門分野
人工知能、認知科学、ゲームプログラミング

ナイメーヘン大学大学院修了、博士(認知科学)。プロ棋士を目指して来日後、電子技術総合研究所研究員としてコンピュータ将棋のプログラミングに携わる。佐賀大学理工学部助教授、山形大学工学部准教授等を経て、現在は東京工科大学で人工知能(AI)の研究に取り組む。将棋の腕は全国クラス、サッカーもたしなむなど文武両道に秀でる。週末はオランダで暮らす母とスカイプを欠かさない。

マナビコネタ

AIの研究とは、人間を知ること

illustration / Yoshimitsu Nippashi

現在の人工知能(AI)は、人間の脳の「仕組み」をマネしたもの。将棋や囲碁のトッププロにも勝てるほど発達していますが、実は「なぜそう考えるのか」という疑問にはまだ答えられていません。逆にいえば、AIの研究がもっと進めば、人間の思考の秘密を明らかにすることにつながるんです。

研究室をのぞき見

AIの世界を開くカギ、それは将棋

photo / Koki Matsunaga

1

見たことないゲームが研究室にゴロゴロ。なんで?

目指すは人間の思考プロセスの解明! そのため目的が明確なゲームを対象にAIを研究。超マイナーゲームもあるよ。
2

「SPEAR」で猛者と戦う、コンピュータ将棋の開発者

AI研究の一環としてコンピュータゲーム大会(将棋など)での入賞歴多数。将棋の開発プログラム名は「SPEAR」。
3

将棋連盟公認の棋力! アマ四段の免状

開発者としてだけでなく、先生自身も将棋が超強い。なんとヨーロッパ選手権3度優勝、全国レベルのアマ四段の腕前。
4

伝説級の棋士たち直筆の色紙

かつて本気でプロを目指した先生は対局した羽生善治九段らトップ棋士と旧知の仲。ちなみに好きな棋士は谷川浩司九段。
5

母国・オランダの国旗は愛娘の手づくり

先生はオランダ出身、日本人の妻との間に子が2人。母国の国旗は娘の手づくり、でもオランダ語は話せないのが寂しい。
6

自慢はサッカーで優秀選手賞を受賞したこと

サッカー強豪国出身だけあって、先生もプレイヤー。現在はブランクを埋めるべく、ジムで猛トレーニング中!

先生どんな人? 先生のターニングポイント

プロと戦って生じた疑問。「知能って、何?」

illustration / Yoshimitsu Nippashi

オランダの大学で、得意だったチェスを続けようとしたものの、やる環境がないことが判明。代わりにと紹介された将棋にガッチリ心をつかまれ来日。対局したトップ棋士の強さに圧倒され「脳の仕組みは同じなのに強さが違うのはなぜ?」と疑問を抱いたことから、AI研究の道に入ることになった。

先生どんな人? 学生ぶっちゃけトーク

先生、名前も中身も格好良すぎます!

チェスも将棋も強い。強すぎる。

カタカナ語は急にネイティブの発音になります(笑)

時間に厳しく休暇もしっかりとる。バランス、完璧

学生たちが特にグっときているのは、名前の格好良さ! 就職面接では面接官が食いつき、友だちや家族にも「なんかすごい」と一目置かれるそう。オランダ語・英語・日本語が堪能、質問には即答、時間に正確、面倒見がよくてユーモアもあり、ぜんぜん名前負けしていないスゴい人。

記事の内容は掲載時のものです。

Copyright © 2011 SHINLINE Co., Ltd. All Rights Reserved.