土肥 将敦

MASAATSU DOI

学校名
法政大学
所属
現代福祉学部 教授
専門分野
ソーシャル・イノベーション、社会的企業家、CSR経営

一橋大学経済学部卒業後、同大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学、博士(商学)。2016年より法政大学大学院人間社会研究科/現代福祉学部教授。共著に『CSR経営ー企業の社会的責任とステイクホルダー』(中央経済社)、『ソーシャル・エンタプライズ論』(有斐閣)など。購入したばかりの車を愛でる日々。最近ドライブしてよかったのは軽井沢。好きなコーヒーは豆からこだわり、エスプレッソも。

マナビコネタ

ボイコットならぬバイコット

illustration / Chika Miyata

ソーシャル・イノベーションとは社会の課題に新たなビジネスの手法で取り組むこと。身のまわりに物が溢れ、大量生産・大量消費に疑問が生じる一方、買い物を通して環境保護や障害者支援できる仕組みが注目されています。社会的に価値ある物を(1円=1票として)積極的に選ぶ、それがバイコットです。

研究室をのぞき見

厳選した“ソーシャルなモノ”だらけ!

photo / Naomichi Seki

1

視覚障害者が作るドイツのブラシ

学部の海外研修の際に訪れたベルリンの障害者施設「USE」で購入したブラシ。買うことが障害者支援につながる逸品。
2

トラックの幌(ほろ)を再利用したFREITAG

グッドデザインなスイスのバッグ・ブランド。ソーシャルな視点でも成功していて、愛用歴は10年。学生にも伝染中。
3

「フットサルボール」が研究テーマ?

児童労働の温床であるサッカーボール生産。これはその問題提起と撲滅のために作られたもので、院生も研究テーマに。
4

アートが並ぶ研究室のインテリア

部屋の中で一際目立つのは、前衛的なインダストリアル・アートの数々。学生に刺激を与える一役を担っている。
5

先生を現在の領域に導いた『THE BIG ISSUE』

大学院時代、ホームレスを支援するこの雑誌の仕組みに出合い、すぐにスコットランドへ調査に飛んだのだとか。
6

伝統工芸品のイノベーション

長寿企業も研究する先生は伝統工芸にも注目。コーヒー豆を入れる茶筒にはデザイン性豊かな鎚起銅器を使用している。

ターニングポイント

“社会的企業”との運命的な出会い

illustration / Chika Miyata

大学院時代、経営を学ぶもモヤモヤした日々を過ごす土肥先生は、当時の教授の一言をきっかけにビジネスの視点で社会問題を解決する「社会的企業」の調査を開始。その後、先生の価値観を大きく変えるホームレス支援の雑誌『THE BIG ISSUE』と出合い、すぐに研究のため海外へ渡った。

学生ぶっちゃけトーク

仕事も、遊びも本気な熱血漢

学生との距離が近く、面倒見も よい兄貴肌

持ち物へのこだわりがハンパない。背景に共鳴するかどうかが重要らしい

美味しいお店など教えてくれるが、プライベートが謎!

社交的なタイプで、学生との関係もフレンドリーな先生。「ゼミ合宿ではバナナボードではしゃぐ」お茶目さと、「教育熱心」「遊びも仕事も本気」といった真面目さを兼ね揃える。多忙な先生ですが「じっくり話がしたい」と慕われ、モノへの熱意やセンスに感化される学生も多数。

記事の内容は掲載時のものです。

Copyright © 2011 SHINLINE Co., Ltd. All Rights Reserved.