各先生ページの●●先生に会ってみたい!を押した高校生が10名集まったら「先生に会いにいく」ツアーを日程調整 → 開催予定のツアー

# デザインマインドを育む # 有名建築家 # お茶目かつダンディ♡

松岡 拓公雄

TAKEO MATSUOKA

学校名
亜細亜大学
所属
都市創造学部 都市創造学科 教授
専門分野
建築学

東京藝術大学美術学部卒業、同大学院美術研究科修了。丹下健三都市建築研究所で主に海外のプロジェクトに参画後、アーキテクトファイブを設立、代表建築家として共同主宰。その後、アーキテクトシップを主宰。教育者としては滋賀県立大学環境科学部にて17年間教鞭を執り、2016年に亜細亜大学都市創造学部教授・学部長に就任。建築家としての代表作に「モエレ沼公園」など。亀の置物コレクターとしても有名。

マナビコネタ

「デザイン」とは思考法のこと!?

illustration / Yoshimitsu Nippashi

デザインと聞くと見た目を格好良くすることだと考えがちですが、本質は「使う人」と「モノ」との関係を考えて設計すること。その思考法は、資源枯渇・人口減少など都市的な課題の解決に欠かせません。だから今、分野を越えてデザインマインドを身につけることが求められているんです。

研究室をのぞき見

合言葉は「デザインマインド」!

photo / Koki Matsunaga

1

主宰する建築設計事務所「アーキテクトシップ」

実は先生、スゴい建築家。日本建築学会賞にグッドデザイン大賞、先生主宰の設計事務所が手がけた作品は受賞多数!
2

有名建築のまわりに転がる石を持ち帰り、アイデアの種に

建築や都市設計のインスピレーションを得るため、よく石を拾う先生。最近は増えすぎてただの石にしか見えないことも。
3

学生がつくった謎のオブジェ

これ、先生がデザインの授業で出した課題の成果物。「紙を切り離さず、動きを表現する」がテーマだとか。奥深い!
4

立体パズルの構造が気になる!

面白い構造のものには目がなく、いろんなパズルをつい買ってしまう。「頭の体操に」と学生に解かせることもしばしば。
5

スター・ウォーズの世界に建築の仕事をみる

出会いは約40年前。1作目に十数回映画館に通うほどハマり、今も大好き。「その世界観は建築にも通ずる」と先生。
6

サイズは6cm以下がルール。小さな亀の置物コレクター

海外で小銭を使い切るために買ったのをきっかけに世界各地で買いまくり、人からももらって、現在は3000個以上!

先生どんな人? 先生のターニングポイント

建築という「点」を教育の力で「線」に!

illustration / Yoshimitsu Nippashi

バリバリ活躍していた建築家時代。入社志望の学生の作品を見て、根本的に「人が使う」視点が欠けていることを憂いた先生。そこから教育に関心をもち、ついに「教育も設計の一部では?」と考え、大学教員に。建築作品はただの「点」だけど、教えることで人から人へと「線」ができるのだと悟った。

先生どんな人? 学生ぶっちゃけトーク

ダンディなのにしゃべるとめっちゃ面白い

よく「若い頃はイケメンだった」って言ってます(笑)

知識の幅が広すぎ! いつも話がいろんな方向に…

先生時間はゆったり。 約束の時間+30分は当たり前

いつもストールを巻いてダンディな魅力が漂う先生。その反面、「たまごっち」や「ポケモンGO」で遊んだり、おしゃべり大好きだったり、とにかくお茶目と評判。授業では建築や都市のすごい写真を見せてくれて、「これは僕がつくったんだけど」と時折ボソっとつぶやき学生を驚かせる。

先生図鑑ツアーに参加

〈亜細亜大学 松岡 拓公雄 先生〉に会いに行くには

  • 下記をクリックしたのち
    LINEからツアー希望をしてください。

  • *先生図鑑ツアーは、
    ツアー参加希望者が10人集まった時点で
    先生と日程調整を行い、ツアー開催日を決定。
    その後、参加希望者にLINEでご連絡します。

記事の内容は掲載時のものです。

Copyright © 2011 SHINLINE Co., Ltd. All Rights Reserved.